「TARAHとの出会いと展開 VOL.2 – Sun miの日傘とBeinelmilelのスウィーツ」

sun mi
毎年、この時期にアフリカンバディックの極彩色な傘を発表してくれるsun miさんの個展に今年も。
四ツ橋のエスニック雑貨屋さんの「Tarah」へ。
インビカードの写真が素敵で、どこの外国で撮ったんやってかんじなんだけれども、聞くと、四ツ橋ですと。ええ写真です。

sun mi

Sun miさんが傘に使っているのは、アフリカンバディックで、主に西アフリカの人々が普段身にまとっている布です。
この布の楽しさに目を奪われたSun miさんが、何枚もはぎ合わせて使う傘を思いついて、つくったんだそうです。
んで、布に目が行きがちだけれども、傘職人が手作りでつくられたという竹の骨も素敵です。
傘のことやら布のことやらの詳しいことは知らんけれども、この柄を見れば、心をワシヅカミされる人はすぐにされちゃうかと。僕はされちゃいました☆
柄のモチーフがおもしろくてね。
植物や鳥など、自然を模したものはもちろんだとしても、身のまわりにあるものなんでも柄にしちゃうんだそうで、伝統の値打ちもへったくれもない軽さが、この柄のいいところですわ。スマホをモチーフにした柄まであるというから、もう、開いた口が塞がりません(笑)
ブラック・ビューティの人たちって、新しいものが好きだし、音楽に目を転じると、手近なものを使って新しい楽器をつくるのが得意だったりするし、そういうことを考えると、これらの柄がアフリカから登場してくることも納得できます。
ド派手好きだし、柄on柄の重ね着は大好きだから、僕はこーゆーのはたまらんです!
色は、たくさんあるほうが元気が出ます。
それに、たくさんの色を身につけるのには、それに負けへんだけの体力も要ります。
そーゆーの、大事。

sun mi
sun mi
sun mi

sun mi

sun mi
まあ、傘は要らんので、以前、この布でつくった扇子を購入し、それは今も愛用しております。
そんなわけで、行っても、買うもんはないのですが、まあ、年に一度、sun miさんの元気な顔を見るのも楽しみなので、毎年訪れています。

しかし、会場のエスニック雑貨店の「Tarah」ですよ。
傘に負けずに色の洪水の店内で、あのド派手な傘が目立たないというか、溶け込んでいるというか、そんなんでいいのか?(笑)
とはいえ、素敵な柄のTシャツを見つけてしまい、このたびは、Tシャツ購入ー☆
ヤカンの柄です(笑)
sun mi

sun miさんの傘展は明日、5月30日(月)まで。
時間ないけど、興味ある人は、行ってみてくださいませー。
Beinelmilelのナッツやドライフルーツがぎっしり詰まったボリューミーな焼き菓子もあります☆ これ美味い!
sun mi

「TARAHとの出会いと展開 VOL.2 – Sun miの日傘とBeinelmilelのスウィーツ」

5月25日(水)〜5月30日(月)
12:00〜20:00

Taral
大阪市西区新町1-10-7 新町興伸ビル1F奥

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)