「曽根崎界隈」見て歩き〜キタ界隈のまち歩き&お好み焼体験〜を実施しました。

今日11月18日(土)午前中、アサヒラボガーデンとキタ歓楽街環境浄化推進協議会+ホワイティ梅田のコラボ事業「曽根崎界隈」見て歩き〜キタ界隈のまち歩き&お好み焼体験〜を実施しました。

曽根崎を代表するお好み焼「ゆかり」でお好み焼体験をできるとあってか、応募者がいつもの3倍くらいあったとか。すごいです! 抽選の結果、約30名のご参加とスタッフにて、曽根崎界隈のまち歩きをおこないました。

富国生命ビル1階にて集合し、3班に分かれて、まず向かった先は、ホワイティ梅田のイーストモール。途中、スロープによる高低差があるのです。地下鉄梅田駅からスロープまでと、スロープから泉の広場までは、開業時期が違っており、高低差があるのですね。わりと見過ごされているポイントです。

次に、ホワイティ梅田のテナントで働く従業員たちの休憩室を。地下街のそのまた地下に、じつは休憩室があります。防犯上の理由もあって撮影はNGですが、そういうものがちゃんとあるのですね。

そこから泉の広場へ。11月24日(金)はホワイティ梅田の1日だけの創業祭で、各飲食店でかなりの割引があるようです。お見逃しなく☆

泉の広場横には、防災センターがあります。ここで、防犯や防災など、ホワイティ梅田を裏側から支える人たちが拠点にして働いておられます。もちろん、写真はNGです。

泉の広場から少し西に行ったところに、曽根崎ビルから地上に通じる階段があります。現在工事中ですが、階段はちゃんと使えるのですね。そこを通って、地上へ。地上には、工事中のビルが見えます。

そこから、お初天神通り商店街に入り、もと大阪北小学校跡地でこれからタワーマンションが建つ予定の場所を見学。由緒ある大阪北小学校のことやタワーマンションの概要、そして、野良猫問題があることなどを、このあたりで説明しました。

お初天神通り商店街を南下すると、途中、曽根崎公設市場やお初天神裏参道、国際会館の再開発予定地などがあり、そちらも見学。

突き当たりにあるのは、露天神社、通称お初天神です。恋人たちの聖地として知られていることや、節分祭、夏祭りのことなどを紹介しました。

さらにその南側にあるのは、梅新第一生命ビル。露天神社の参道を内包することにより、地域の歴史性にも配慮したビルを見ていただきました。またそこから振り返ると、現在リニューアル中の阪神百貨店と、それと一体化される新阪急ビルの完成後の様子などを紹介しました。

そこから商店街のアーケードに戻ると、曽根崎地域で現在積極的に取り組んでいる「さくらねこ活動」の様子を紹介したバナーや提灯、アート作品が飾られたエリアに出ます。そこで、さくらねこ活動について、じっくりと説明し、みなさんに活動の取り組みについて理解していただきました。

再び地下に降り、ホワイティ梅田の「mikke」エリアの前へ。このあたりで耳をすますと、ガタン!ガタン!という音が聞こえるのです。そう、地下鉄が真下を走っているのですが、その気配を感じることのできるのが、この場所です。

以上で、まち歩きは終了。
このあとは富国生命ビルのアサヒ ラボ・ガーデンにお邪魔し、アサヒ ラボ・ガーデンのことやキタ歓楽街環境浄化推進協議会のこと、今回紹介しきれなかったホワイティ梅田のあれこれをお宝映像で紹介したりしたのでした。

このあとは、お楽しみ、「ゆかり」へ移動して、お好み焼体験です。
近ごろは、お店の人が焼いてくれることも多し、「ゆかり」でも焼いてくれるのですが、今回ばかりは、自分たちで焼かねばなりません。
さてさて、みなさん、上手に焼けたでしょうか?

以上、てんこ盛りで少し駆け足になってしまいましたが、曽根崎界隈」見て歩き〜キタ界隈のまち歩き&お好み焼体験〜でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)