ブリーゼブリーゼと東京五輪

ブリーゼブリーゼ

五輪エンブレム

オリンピック2020東京のエンブレムが、組市松紋の作者である野老朝雄さんに決まりましたな。
デザイン理論的には相当に計算され尽くしたデザインやと思います。大衆受けするかどうかはべつの問題だけれども、どんなデザインでもそのうち見慣れるからねー。
さて、彼の作品が北区にもあるのですよ。
オオサカガーデンシティとブリーゼブリーゼをつなぐ地下通路の床面の模様が、彼のデザイン。
かつて蜆川が流れる湿地帯だったこの場所をイメージして、水の流れをデザインしたようです。
彼の作品の特徴はパターンを繰り返す連続美にあって、五輪エンブレムもブリーゼブリーゼの床デザインも、その意味では共通しています。

柱の根元に、控えめに、クレジットがあります。

ブリーゼブリーゼ

ブリーゼブリーゼ

大阪市北区梅田2-4-9

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)