冷凍生餃子の無人販売所

この1、2ヶ月、急にあっちこっちで見かけるようになった冷凍生餃子の無人販売所。
据え付けの冷蔵庫から自分で取り出して賽銭箱みたいな料金箱にお代を入れる、田舎の無人野菜直売所みたいな、人の良心に拠った販売システムの店。
現金のみで電子マネーが一切使えないという、新規出店ながらも時代に逆行した大胆な戦略☆
いくつかの系統があるみたいやけど、共通してるのは、
1)1袋18個入り×2パック=1,000円(税込)
2)タレが100円
3)野菜多め、ニンニク倍増等のバリエーションがある
4)賽銭箱みたいな料金箱に投入するお代のお釣りは出ない
5)持ち帰り用のビニール袋は1枚無料、保冷剤は2個無料
6)防犯カメラで見てるらしい
7)24時間無休

談合してるんか?ってくらいにどこもおんなじなのだけど、気づけば、天神橋筋商店街に、3店目がオープンしますがな。

北側(天神橋6丁目側)から、
・天神橋5丁目のお弁当屋さん「じゃがいも」の隣に『ふくちぁん餃子』。
・天神橋4丁目の「デイリーヤマザキ」の隣に『神戸元町餃子』(10/1オープン予定)
・天神橋3丁目の和菓子屋さん「薫々藤」の2軒隣に『神戸元町餃子』。

店名こそ違うものの、店の内装とか什器とかめっちゃ似てて、ほんまに違う会社なんか?と思うけど、食べ比べてみると、明らかに違う。
『神戸元町餃子』は、あっさりしていて、美味い。ワシ、冷凍餃子はこれまで『眠眠』買ってたけど、一瞬でこっちに乗り換えた。美味い。
『ふくちぁん餃子』はパンチが効いている。若い人はこっちがいいかもしれんが、ワシの好みは『神戸元町餃子』。

万引きもあるやろうし(関東方面で冷凍焼鳥無人販売店は商品じゃなくて料金箱がパクられたとか。笑)、そのぶんも見越しての値付けやろうけど、初期投資もランニングコストも抑えられるし、しばらくは流行りそうですな。これもアフター・コロナの新業態やろか。
ホームページすら持ってないところがあるくらいで、割り切ったコスト削減してる。

『神戸元町餃子』はホームページがない。ゆえに、運営もようわからん(笑)
『ふくちぁん餃子』は、ラーメン・チェーンの新規事業らしい。
http://www.fukuchan.co.jp/mujingyoza/

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)