龍踊りとギャルみこし

今日7月23日は、翌日の天神祭宵宮に向けて、各講が当屋を開く当屋開きの日。
僕のお目当ては、天満市場の人たちで構成される地車講の龍踊りです。
一番前で一番目立って踊っているのは、小西登紀子さん。
龍踊りは本来、女性は踊れないんですが、そのしきたりを突破したのが小西さん。
なんせ、講元の血筋で、お腹の中にいるから龍踊りを踊っているような人ですから。
彼女の踊りには華があって、かつ、剛の踊りですね。
毎年毎年、見惚れています。

龍踊り
龍踊り
龍踊り
龍踊り
龍踊り
龍踊り

同じ日、ギャルみこしが宮入りしてきます。
本来、ギャルみこしは宮入りできないのですが、天神祭の前日の当屋開きの日に、御羽車と一緒に宮入りしてきます。華やかですね。

ギャルみこし
ギャルみこし
ギャルみこし
ギャルみこし
ギャルみこし

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)