京都祇園の佐川急便の営業所

佐川急便

京都の祇園で見つけた佐川急便の営業所。
ここまでやれば広告的な価値も生まれてくるので、単にコストをかけた以上のリターンがあるような気がします。
京都は景観条例が厳しいから、コンビニもマクドも、抑えめの色で店舗や看板をつくってるところが多いですね。
京都で厳しい景観条例が施行されたとき、喧々諤々の議論があったように記憶しているけれども、それでも、そうした議論が出てくる背景には、景観を維持していこうとする総意が市全体にあったのだと思います。
翻って大阪はどうか。
原色が溢れかえっていて、猥雑そのものだし、アジアのカオス的混沌こそが大阪なのだというアイデンティティは好きだけれども、ここんところ、統制とは無縁の無軌道そのものになってきたなーと、ちょっと危惧してます。
御堂筋の高さ制限は撤廃されるのでしたっけ?
道頓堀を巨大プールに?
大阪城でモトクロス?
中之島図書館の商業利用は結局撤回したんだっけ?
各方面から保存が叫ばれている建築物が、いくつも壊されてきました。
なーんかね、発想がチャイルドチックというか、子供の発想でまちをオモチャにしてる気がしてならんのですよ。
繰り返しますが、猥雑な大阪は、僕は好きです。
でも一方で、粋な大阪、都市らしい洗練された大阪というものも、あったはずです。
それはどこ行ったの?と、この、祇園の佐川急便の営業所を見て思うのでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)