中崎町でハリウッドが映画撮影

img_2240
今日は朝から中崎町で映画の撮影があって、FBやtwitterも大にぎわいでした。

いきなり昭和初期の日本の街並のようなセットが組まれ、ピカピカのアメ車が置かれ…、超本格的な映画撮影で、すごいことになってましたね。

調べてみると、
なーんと、ハリウッド映画です。
日米合作で、「ジ・アウトサイダー」という映画。「ブレードランナー」の続編だとか。
浅野忠信や椎名桔平が出てるとか出てないとか。
ハリウッド側は、オスカー俳優のジャレット・レトーだとかそうでないかとか。

じつはエキストラ募集もあったようです。
夕方に通りがかると、発砲のシーンを撮影している真っ最中でした。

資料から抜粋するとですな、

1954年ごろの戦後日本が舞台。日本に不法滞在し、日々を死んだように生きる元アメリカ兵ニック(ジャレッド)が、ヤクザの若者キヨシとの出会いをきっかけに任侠の世界を知り、したたかに生きる男たちとの交流を通して、生きる意味や誇りを取り戻していく。

とかなんとか。
監督は「ヒトラーの忘れもの」のマルティン・サンフィリート。
や、こうしてカタカナの名前をいっぱい並べてますが、僕、まったく知りません(笑)

しっかし、こんな大掛かりな映画の撮影現場に遭遇したのは、初めてでした。
すこし興奮した。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)