大阪市バスのイルミネーションバスに乗る

大阪市バスのイルミネーションバスに乗ってきました。
まあ、期待はしてなかったけど、期待以上でしたな(笑)

運行期間は11月21日〜12月25日(日)
JR大阪駅前→淀屋橋→難波→肥後橋→渡部橋→JR大阪駅前のコースです。どこのバス停で乗っても降りてもいいです。
料金は、大人210円、小児110円。ICOCA使えます。

時刻表です。

乗り場です。
JR大阪駅南側のターミナルの1番乗り場から出発します。

詳細は、大阪市交通局のサイトを。

一応、座れなければ、次のバスを待つって手もあります。多くの人がそうしてはります。
ただ、立ち見でもいいって人は、列の順番抜かして、乗れます。
淀屋橋から乗っても、まず座れません。

もうね、しょぼいの!
前面も側面も、申し訳程度にイルミネーションの飾り付けがされてます。
いやいや、そんなのは乗っちゃえば関係ありません!


内装もね、手づくり感覚満載! どこのバザー会場やねん(笑)
いやいや、見るのは外の景色。内装はどうだっていいじゃないですか。
窓に貼られた心づくしのツリー型のステッカーは、外の景色を見るにはチト邪魔ですが、野暮は言いっこなしです。



外はですね、御堂筋のイルミネーションを北から南まで、ぜーんぶ見せてくれますよ。
今年から、淀屋橋よりも北側の大阪駅前ビルの前までイルミネーションが伸びましたが、もちろん、それも全部見れます。
イルミネーションの後ろで、年末ジャンボの特設売り場が見えますね。

御堂筋のイルミはブロックごとに色が変えられているのも、このバスに乗れば一目瞭然です。


運転席の近くに乗れば、フロントガラスからの景色も堪能できます!
まあ、なかなかの渋滞ですが。




なんちゅーか、御堂筋のイルミもきれいですが、並走して走る車にイルミネーションバスの光が映るのが、なんとも言えません。



というわけで難波に着きました。循環しているので、このままJR大阪駅前まで乗り続けることもできます。料金は据え置き。
これって、各停じゃないけど、よーするに単なる市バスなのでは?

そーなのです。
市バスです、市バス。
料金だって210円です。小児は110円です。
それで、これ以上を求めるのは図々しいってもんです。
内装といい外装といい、手づくり感満載なのを楽しむのです。
民間になったら、こんな素朴な感じにはならんですよ。なので今のうち!
なんせ、このチラシですからね。


写真悪すぎ! 矩形の角丸四角が変! 左右の余白なし!
きっとね、職員さんがつくったんですよ。予算がないんですよ。
でもね、「ごめんなさい! これしかできないんです!」ってのが滲み出ていて、かえって清々しいです。
実際のイルミネーションバスもチラシも、これが限界なんです!って素直に割り切ってるところが、とっても好感持てて、いいです。特にこのチラシは、突っ込みどころ満載ですが、それでも僕は大好きです。変にカッコつけてないのが、とてもいいです。

2回乗ろうとは思わないけど、1回は乗ってみるといいかと。
冥土の土産になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)