「篠山紀信展 写真力」

10150768_807209899289917_9144007123407640301_n

グランフロント大阪の北館地下2階のイベントラボで開催されている「篠山紀信展 写真力」を見にいく。
篠山紀信と言えばヌード写真だけど、あのおじさん、今でも合コンに参加したりするそうですな。ちなみに御年73歳。エラいなと思いますわ。
ちなみに、大規模な個展って、初めてらしいです。たくさんやってるイメージがあるけれども、そんなこたあない、と。1950年代後半から現在までの写真が厳選されて、どーんと展示されとります。
ダイナミックなポートレイト、次々とベッピンさんを脱がしてはヌードに、ついでにアンダーヘアも解禁させ…、パノラマに新たな伊吹を吹き込んだシノラマもありましたな。
なんちゅーか、この人は、常に話題をさらい、賛否両論を巻き起こしてきたように思います。そんだけ、バイタロジーがすごいというか、生命力が旺盛で、それがまんま表現活動に表れてますな。
アラーキーの写真は情緒がたっぷり入っているし、ドキュメンタリーだし、アラーキー自身が投影されているのだということが、容易にわかります。
篠山紀信のは、その真逆だな。
現実を切り取る気など微塵もないような、非ドキュメンタリー性と、情緒のカケラもない、無機質な空気感。
それでいて、なんちゅーか、写真でしか表現できないなにか、篠山紀信の言葉を借りれば、「写真の力が漲った写真」が、ずらりです。
たしかに現実を切り取ったものではあるけれども、それでいて現実の複写ではなく、写真でしかありえないような、現実からは遠く離れたつくりもののような世界が展開されていて、ちょっと唖然とします。まさに、写真でしかあり得ない表現にね、ちゃんとなってる。

「GOD 鬼籍に入られた人々」「SPECTACLE 私たちを異次元に連れ出す夢の世界」「STAR すべての人々に知られる有名人」「BODY 裸の肉体、美とエロスと闘い」「ACCIDENTS 2011年3月11日、東日本大震災で被災された人々の肖像」の5部で構成。
最大で8.2m×2.8の巨大写真がどどーんと、いくつも展示されてます。
なんちゅーか、写真集で見るのとはまったく違ったもののように見えてしまいますね。
ものすごく説得のある、生命力のある、つくりものの世界に紛れ込んだかんじです。ちょっと不思議で未体験なかんじ。

美空ひばり
きんさんぎんさん
大原麗子
三島由紀夫
中村勘三郎
森光子
ジョン・レノン
夏目雅子
勝新太郎
渥美清
後藤久美子
片岡仁左衛門
尾上菊之助
中村獅童
中村七之助
市川染五郎
市川海老蔵
中村勘太郎
中村橋之助
中村又五郎
中村勘九郎
坂東玉三郎
草間弥生
ミッキーマウス
ブルート
ミニー
ドナルド
ダッフィー
ピンクレディー
加賀まりこ
北野武
YMO

倍賞美津子
ももいろクローバーZ
読売巨人軍
千原ジュニア
羽生結弦
大竹しのぶ
岸恵子
蒼井優
満島ひかり
宮崎あおい
松田聖子
澤穂希
浅田真央
美輪明宏
佐々木希
王貞治
長嶋茂雄
渡辺謙
小林旭
田村正和
舟木一夫
宮崎美子
キャロル
綾瀬はるか
安室奈美恵
山口百恵
吉永小百合
AKB48
壇蜜
黒柳徹子
THE BIRTH
荻野目慶子
高岡早紀
カルメン・マキ
樋口可南子
20XX TOKYO
TWIN
宮沢りえ
Death Valley
DANCER
大相撲
東北被災地の人々

若かりしころの黒柳徹子の写真がよかった。
アラーキーとも藤原新也とも違う、世界に誇るべき、異才。

「篠山紀信展 写真力」

4月5日~5月18日
11:00~19:00(入場18:30)
大人1,100円

グランフロント大阪 北館ナレッジキャピタルB1F イベントラボ

大阪市北区大深町3

篠山紀信HP「シノヤマネット」
スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)