家島と家島神社

家島
家島
家島
家島に行ってきたのでした。
姫路駅から姫路港までバスで20分。姫路港から高速船に乗って20分。
あっちゅー間に、瀬戸内の島、播磨灘に面した、レトロな雰囲気を残した、のんびりした空気が漂う、家島です。
いくつかの島で構成されていて、瀬戸内では唯一の、諸島だとか。家島諸島です。
魚が滅法美味いんだけど、漁港はないです。
漁師さんが直接売ってくれるんだとか。市場通してないのね。市場通してないけど、市場で買うよりも安いわけではないようで、まあ、そのへんはいろいろあるのでしょうな。
船はたくさん停泊していますが、ドックがたくさんあります。どうやら、造船が主産業のようです。隣の西島や男鹿島からは石がたくさん切り出されていて、もう、島のかたちが変わっちゃってます。ということは、石材を運搬するガット船がたくさん往来しているわけで、家島は、それらの基地にもなっているよう。
人口4,000人の、ええサイズの島です。

もうね、のんびりした島で、人なんてまあ歩いてないですね。といって、まちがないわけじゃなくて、小さいながらも集落はあって、人の生活の匂いもふんだんにあります。

料理旅館の「志みず」は、家島の宮港から少し行った浜辺にあるのです。
魚介も野菜も素材が素晴らしすぎるのと、大将の料理のセンスが天才的で、ちょっと他に例を見ないほどの美味いもんが食べられるお店。

HPあります。

家島

HPに、焼きワタリガニについて書かれている記述を見ると、卒倒しそうになるね。
—————————————-
焼き渡りガニ
家島で獲れた600g以上の新鮮な渡りガニを2時間近く酔わせ生きたまま3時間かけて火から20センチ離してとろ火で焼きます。
身はぎっしりとつまり、クリーミーでカニの旨味が口の中に広がります。
冬場は、半熟の卵が最高で、あったかいご飯に半熟の卵と肉汁をかけて食べると、たまりません。
—————————————-

家島

家島

家島

家島
家島

家島
宿の前の海は、ビーチです。
この島にはもともとビーチはなかったんだけど、みんなで砂を敷いてビーチをつくったんだとか。島唯一の、かわいいビーチがあるのです。

家島
家島

神社が、いくつかあります。
家島神社は海に面したところに大きな鳥居があり、その前には、巨大な常夜灯があり、海の民たちのための神社であることが、容易にわかります。
祭神に天満大神が連なっていることから、天神祭も行われています。菅原道真が左遷された折に立ち寄り、詩を読んだという記述もあります。それ以前に天神が祀られていたことから、菅原道真と結びついたのだと思います。そういう神社は、日本中にたくさんあります。

家島

家島

家島

家島

家島

家島

家島

家島

家島

家島

家島

家島

島は天然の入り江になっており、内海のさらに入り江なので、波も穏やか。
港付近から見る風景は、イタリアの世界遺産ポジターノの風景によく似ています。

家島

家島

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)