夜は速く走れる気がする

ランニングあるあるやと思うんやけど、夜走ると、昼間走っているときよりも速く走れているように感じる。
実際にタイムが縮んだわけではないので、あとで時間を見ると、思っていたよりも遅かったなんてこともあるんだけど、とにかく、夜走ると速く感じる。
たぶん、走るときのスピード感覚というものは、景色の移り変わりによるものが大きいのだろう。
昼間なら遠くにあるものが見えるが、夜になると、遠くが見えにくい。
建物が、近くに来てからいきなり通りすぎるので、速く感じるのだろう。
昼間と違って、夜に走るときは近くを見て走ることが多く、遠くの景色より近くの景色のほうが速く動いて見えるので、速く走っているように感じるのだろう。
最近は夜に走ることも増えてきたので、特にそれを感じる。
今日は雨なので走らない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)