ワクチン、最新情報

今日、済美地域連絡協議会に区長が来られて、ワクチン接種の話がありました。
以下、備忘録的に。
参考にしてください。
今日、878人の新規陽性者数、重症者の病床使用率が70.8%ですか。これでまたレッドステージ突入。
878人のうち、約半数が大阪市内で、うち、北区と中央区がツートップ。ほいで、その後ろには、これまでとはケタが違う濃厚接触者がいる。
2週間前を振り返ってみると、春休み突入、桜もぼちぼち咲きはじめ、あたたかくなって、人が出はじめた頃で、それがもろに数字に表れている。
ということは、先週あたりの花見の人出(扇町公園に大阪城公園、えぐかった!)を考えると、今回の新規陽性者数と病床使用率の増加は、これからはじまるということ。つまり、878人はヤマのピークではなくて、ヤマの入口!
で、ワクチン。
いつ日本に到着するか相変わらず未定だけど、
北区のボリュームは、以下の通り。
約12万人(うち高齢者2万人)が対象者。例年、インフルエンザの予防接種が1万人らしいので、新型コロナのワクチン接種の人数規模は、その10倍の規模のオペレーションということに。
今後、自宅(住民票のあるところ)にワクチン接種券と問診票が届く。4月中?
これは年齢層別に送られるので、世帯単位ではなく、個人単位でバラバラに届く。
持病やアレルギーとの関係は、かかりつけ医に事前に相談。
ほいで、あくまで、自分の責任で決めてくれ、ということですね。ワクチンを打つ、打たないは個人の自由だから。

届いたら、接種希望日の日時を予約。予約はコールセンターに電話、ネット予約、区役所に直接行く、の、3パターン。

接種券、問診票、本人確認できる身分証を持って、接種会場へ。(完全予約! 飛び入り不可)
ワクチン接種は「無料」! 特殊詐欺が必ず発生するので、だまされないように!
北区では、区民センターと扇町プールの体育館が集団接種会場。
ただし、大阪市在住であれば、市内のどの会場でも接種可能。
当面は集団接種会場のみで、かかりつけ医院での接種はまだ未定。
インフルとコロナの接種時期がかぶるなどの場合は、最低2週間空けるとか、いろいろありまs。このへんは医者の指示に。
注射は医者だけが打てるので、北区では、医師会から派遣される医者ということになる。
午前と午後の診療の合間に来てもらうことになるので、そうなると、1日2時間くらいのペース。そんなイメージ。1日中接種しているわけではない。
ただ、北区の医院は、梅田のおしゃれなビルに入っているところも多くて、そーゆーところは昼間も診療をしているから、マジで、どんだけ医者を確保できるかにかかっている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)