堀川戎神社でいただく「宝船」

堀川戎神社

明けましておめでとうございます。

画像は、堀川戎神社でいただく「宝船」。
初詣に行くと、先着200名で手に入れることができます。お代は心づけ。
正月二日の夜、縁起のいい初夢を見るために枕の下に敷いて寝るものです。
堀川戎のものは、毎年、日本海軍史学会会員で宝船の研究をされている宮野力哉先生が奉納される原画を刷ったものです。

縁起を見るとですね、
室町時代にこの習慣がはじまり、江戸時代から明治のころ、「お宝お宝」と叫んで売りに来たとされています。
毎年絵柄が変わるのですが、今年は珍しくポップな図柄です。なんと、アルファベットがちりばめられています。

今年の宝船は、熱気球。
1815年、ロンドンで発表された「サカナ型の飛行船」が元になっています。飛べたのかな?
この熱気球が、めでたい宝船に仕立てられました。

今年のつひまぶも、この熱気球のように、めでたく飛翔できますように。

本年もよろしくご愛顧くださいませ。

堀川戎神社

大阪市北区西天満5-4-17
horikawa-ebisu.or.jp


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください