中崎町にアトリエ小川という絵画教室があるのだけれども、その隣の絵画発表展示スペースは、100年ものの元造り酒屋。
外観には「うだつ」があります。
梁の上に立てる小さな柱のことで、防火壁の役目を果たすと同時に、装飾的な意味合いもあって、うだつを上げた家は、金持ちの家の証でもあったわけです。
「うだつが上がらない」の慣用句は、ここから。
青空書房の坂本健一グランパによると、このあたりでうだつが上がっている建物は、ここだけやそうです。
中に入ると、年季の入った造り酒屋の面影があちこちに残っていて、ええかんじです。
こういうところで子ども絵画の展示が行われているというのも、ええかんじ。

アトリエ小川

アトリエ小川

アトリエ小川

アトリエ小川

アトリエ小川

アトリエ小川

アトリエ小川

アトリエ小川

大阪市北区浮田1-1-19
http://www.atorie-ogawa.com/index.htm


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください