銀二貫

高田郁が描く、天満を舞台にしたあきんど物語「銀二貫」。
泣き、笑い、ニヤリとさせ、ほろりとさせる手管の物語もさることながら、丹念に描かれた仕事の描写、まちの描写が、歯切れのいいテキストで映像を喚起させます。
なので、この優れた作品には、本来、ビジュアルは不要なのですが、あるならあるでほしくなりますわな、map。
過日行なわれたという講演会で配られたmapを、八方手を尽くして、いただきました。
これを片手にまち歩きしたいですな。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください